日本の社長.tv 石川 世界に想いを発信する日本のリーダー1,500人

公立大学法人金沢美術工芸大学
学長 久世 建二

手の先に心が宿るほどに第六感を磨く

この動画をシェアする
埋め込みコード
<埋め込みコード>

※このHTMLタグを利用して任意のページに動画を埋め込むことができます。 閉じる

決して技だけではなく、理念やもの造りの方法論をきちんと整理整頓して学ぶ部分が必要である。表現する・絵を描く・ものを造る・手技を重視し、学生が気づかない素晴らしい技を引き出し発掘することが醍醐味にもなっている。

番組公開日:2012年11月28日

プロフィール
  • 代表者名久世 建二
  • 生年月日1945年10月3日
  • 出身地 福井県あわら市(旧坂井郡芦原町)
  • 出身大学金沢美術工芸大学
  • 休日の過ごし方造形作品制作
  • 過去に経験したスポーツ柔道
  • 座右の銘独創・創造
  • 代表就任以前の職種大学教員

この社長を推薦している社長

会 社 情 報

  • 会社名 : 公立大学法人金沢美術工芸大学
  • 代表者名 : 久世 建二
  • 企業HP :  http://www.kanazawa-bidai.ac.jp/
  • 所在地 :  〒920-8656 金沢市小立野5丁目11番1号
  • 設立 : 2010年4月1日
  • 創業 : 1946年7月13日
  • 従業員数 : 74名

    (常勤教職員)

  • 業種 : 教育関連
  • キーワード : Digital gllery・Web / 国際交流 / 研究所 / 大学院 / Digital gllery
  • 事業内容 : 
    美術科、デザイン科、工芸科の3科からなる美術工芸学部、大学院修士課程及び博士後期課程を擁する美術系単科大学です。約700名の学生が在籍しています。
    【カリキュラムについて】
     1年次からきめ細かなプログラムを用意し、午前中のすべての時間を専門教育にあてるなど特色ある教育内容を盛り込む一方、異なる専攻間の交流も活発に行われています。一般教養科目も、学生に必要な教養が身につくよう、講義形式や内容を工夫しています。
    【卒業後の進路】
     美術科(日本画、油画、彫刻、芸術学)及び工芸科の学生は、約50%が教員免許を、約40%が学芸員資格を取得します。また、より高度な制作や研究を目指し約40%が大学院への進学を希望します。デザイン科の学生の約90%は就職を希望し、視覚デザイン専攻は広告関係、映像関係、ゲーム関係企業へ、製品デザイン専攻は、大手メーカーのデザイナーとしての就職が多く、また、環境デザイン専攻は、設計会社や大手メーカーのディスプレイデザイナーとして、数多く就職し、活躍しています。
    【地域連携】
     本学と地域社会を結びつけるさまざまな事業を展開しています。金沢市内など各所でアートとデザインで街を活性化する事業を推進し、本学学生も積極的に参加しています。
    【産学連携】
    本学教員がもつ企画力、創造力、美学・美術史の知力などを活かし、他大学・研究機関・企業及び国県市とも連携し、地域産業と伝統文化の発展のためにさまざまな提案を行っています。
  • 企業理念/こだわり/他社との違い : 
    金沢美術工芸大学は、1946年、戦後の混乱と虚脱のなか、学問を好み、伝統を愛し、美の創造を通じて人類の平和に貢献することを希求する金沢市民の熱意により、工芸美術の継承発展と、地域の文化と産業の振興を目指して創立された。
    以来、本学は豊かな自然環境と歴史的遺産のなかで、美術・工芸・デザインの分野における個性豊かな教育と学術研究に取り組み、文化都市金沢の発展の一翼を担ってきた。
    素材を知り、技を磨き、現代に生きる表現に高めるべく「ものづくりの精神」を尊び、幅広い人間性に裏付けられた理論と技術の彫琢をとおして、芸術が社会に果たす役割を自ら探し行動する人材を育成し、世界における創造の機会の拡大と多様化に資するために、本学は知と創造の拠点となることを目指す。
  • 特徴的な制度/社風 : 
    「手で考え、心でつくる」をキーワードに、素材を熟知し、鍛え上げた技で明解な理念に基づくものづくりを実践しています。
  • 今後の事業展開/ビジョン : 
    〈創作の意欲と能力を育てる教育の推進〉〈質の高い研究とオリジナリティの追求〉〈地域と世界に貢献する芸術活動の展開〉〈自立した大学の運営と公共性を重んじる組織の発展〉の4つを、今後の大学運営の指針として取り組んでいきます。

Search

業界を選ぶ
業種を選ぶ
地域を選ぶ
従業員数を選ぶ
代表者の年齢を選ぶ

今すぐ応募できなくても、タレント(候補者)登録が出来ます

タレント登録をすることによって、あなたはその企業のタレントプールと呼ばれる候補者コミュニティに参加できます。

気になることがあればチャットで質問をしたり、その企業に入社したい場合チャットで自分をアピールできます。

あなたがまだ学生だったり、今の仕事の都合ですぐに転職を考えていないとしても、企業の情報を仕入れたり、「いつか働きたい」と思っている企業との繋がりを継続することが出来ます。

「タレント=才能」あなたの才能を企業が待っています。

今すぐこの企業にタレント登録して将来のチャンスに備えましょう。

※タレント登録システムはTalentCloudによって提供されています。

Search