日本の社長.tv 長野 世界に想いを発信する日本のリーダー1,500人

かぶちゃん農園株式会社
代表 鏑木 武弥

「農村から楽しさを」を胸に刻んで

この動画をシェアする
埋め込みコード
<埋め込みコード>

※このHTMLタグを利用して任意のページに動画を埋め込むことができます。 閉じる

『世界に誇れるドライフルーツ』というキャッチコピーを掲げ、市田柿にこだわった商品を提供する【かぶちゃん農園株式会社】。日本の農業の魅力や歴史を世界に伝えることが使命だと語る鏑木代表の今後の展望とは。

番組公開日:2014年09月24日

社長のプロフィール
  • 代表者名鏑木 武弥
  • 生年月日1968年01月12日
  • 出身地東京都 府中市
  • 出身大学立教大学法学部
  • 趣味・素晴らしい食に出会うこと ・日本各地、世界各地を訪ねること
  • 座右の銘希望本是無所謂有
    無所謂無的
    正如地上的路
    其実世上本没有路
    走得人多了
    也便成了路
  • 代表就任以前の職種青年海外協力隊 平成11年度 任国パラグアイ
  • ブログURL https://www.facebook.com/takeya.kaburaki
    facebook更新中です。

この社長を推薦している社長

会 社 情 報

  • 会社名 : かぶちゃん農園株式会社
  • 代表者名 : 鏑木 武弥
  • 企業HP :  http://www.kabuchan.biz/
  • 所在地 :  〒399-2431 長野県飯田市川路
  • 設立 : 2004年05月17日
  • 創業 : 2004年05月17日
  • 資本金 : 1億円
  • 従業員数 : 30~50人未満

  • 業種 : 食品
  • キーワード : ほし柿 / プルーン / メープル / 安納いも / ケフィール
  • 会社商品 PR : 
    かぶちゃん農園のおいしいおいしいほし柿

    ■かぶちゃん農園の品質保証規格認定制度「市田柿品質選定士」
    かぶちゃん農園には、「市田柿品質選定士」というほし柿のスペシャリストのための資格制度があります。毎日ほし柿に携わっているスタッフの知識と経験から生まれるノウハウを積み重ねて認定され、2008年3月31日の制定以来、約6年間、自社基準を厳格に守り続けています。

    ■かぶちゃん農園の基準規格で選び抜かれる品質
    毎日、取り扱うほし柿は一つひとつすべてが異なります。そのほし柿を目視し、果肉全体の品質を見極め、手触りで食感とおいしさをしっかりと確かめています。技術と経験を兼ね備えた「市田柿品質選定士」による、選び抜かれたほし柿を皆様にお届けしているのです。

    ■ふっくら、もっちり、やわらか食感を生む独自「成形」
    個包装される商品については、選別の最後に形を整える「成形」作業を行います。お客様の声をもとに、食べやすく、ふっくらとしながら、もっちりとやさしい食感を引き出せるように、独自のほし柿の「成形」技術でひと粒一粒、心を込めて作り出しています。

    ■ほし柿専用の冷凍・冷蔵施設「柿蔵」で熟成管理
    かぶちゃん農園では、柿霜というほし柿の中から生じる白い粉が全体に均一になったほし柿のみをマイナス30度以下の専用冷凍・冷蔵施設「柿蔵」にて保存します。このまっ白な柿霜が均一できれいに付着していることで、ほし柿を口に含んだ際に、やさしい甘みが口中に広まりいっそうおいしく感じるのです。そして、温度、湿度管理された「柿蔵」では、大敵である“乾燥”を防ぎ、果肉を熟成させ、年間を通してほし柿のおいしさを保っています。
  • 事業内容 : 
    農産物の製造販売
  • 企業理念/こだわり/他社との違い : 
    「農」は生命にあふれる世界に満ちています。
    青い空と清涼な空気、そして豊潤な土地。
    南信州の地に芽生えたかぶちゃん農園はやさしい人々に出会い、ほし柿に出会って深く根を張り、枝葉を広げることができました。この地で過ごした11年の間、日本の農村や里山が大きく変わりゆくさまを目にして、わたしたちにとってかけがえのない自然環境を何よりも大切に愛おしんでいきたいという強い思いが生まれました。
    それは、市田柿の森を育て、ほし柿の加工技術を高め、全国の会員の皆様に食べていただくことから始まり太陽と里山の恵みを生かすエネルギーを育てることにつながっています。
    「自然の恵みをもらって自然に帰す」という日本人の知恵が育んだ里山の暮らしを今こそ見直し、地域に生かすことこそ、次世代を担う者の使命と感じ実現に向けてこれからも歩んでいきます。
  • 特徴的な制度/社風 : 
    【農】 「かきの森づくり」を始めとする果樹園づくりで次世代の農業を担う者として、活力のある農業の実践を目指します。
    土や作物に触れることでわかる世界を大切に、果樹を中心に栽培しています。
    南信州で市田柿の木を育てていく「かきの森づくり」や山梨の桃畑など、高齢化により担い手が減っていく農業の活力となる後継者として運営し、新たな生産者の育成にも努めています。

    【食】 農産物を主に産地、製法を厳選した高品質な素材と徹底した安全管理のもとかぶちゃんブランド商品を製造、販売しています。
    おいしく食べていただくには「安心・安全」が何よりも大切です。
    かぶちゃんブランド食品は、原料の品質や製造時の衛生管理はもちろん、会員の皆様へお届けする商品の梱包、発送まで大切に行っています。
    また鹿児島県など日本各地やアメリカ、カナダの製品はかぶちゃん農園のスタッフが直に現地で確かめ、パートナーとして信頼できる生産者からのみ厳選した高品質な商品をお届けしています。

    【環境】 日本の自然を守り、農を守ることは食の安全につながります。自然環境の保全は私たちの大きな課題であり、新たな活動の指針となります。
    農と食の源である自然環境の保全につながる活動として、ムリせずムダなく資源を活かし、現代の生活に不可欠なエネルギーをつくり地域で循環する暮らしを目指しています。その実現に向け、身近な自然環境である里山の整備や保全となる間伐材利用の「木質バイオマス発電」「ペレットボイラー」の活用や旧耕地ぼ有効活用ともなる「太陽光発電」に取り組んでいます。
  • 今後の事業展開/ビジョン : 
    ■小鳥がさえずる天竜川のほとりです
    南信州は、晴れの日が多い気候と天竜川からの朝霧によって、朝晩は涼しく昼間は太陽がさんさんと照ることから、柿やリンゴがおいしく実る「くだもの王国」です。
    かぶちゃん農園がここ長野県飯田市を本拠地に定めたのは農業に欠かせない太陽と水と土、そして清涼な空気に恵まれ、おいしく品質の良い果物を育てるのに最適な場所だと心から感じたからです。以来、「農」のゆたかな実りを中心に全国へ発信しています。市田柿に出会ったのもこの地であり、柿の森を育て環境活動への取り組みも始まりました。

    ■わたしたちが「農村から楽しさ」を発信します
    かぶちゃん農園の本拠地は本社社屋「柿プラザ」とほし柿の専用施設「柿蔵」です。農園の朝は、柿の木の成長を確かめることから始まります。夏は日ごとに大きくなる青い実を見つけるのが楽しみです。
    そして自社で認定する「市田柿品質選定士」をはじめとするスタッフは「柿蔵」でほし柿の選別、加工、梱包に取りかかります。
    「柿プラザ」では、かぶちゃん農園受注センターのスタッフが日本全国の会員の皆様からのお電話をお待ちしています。皆様と直接お話しできるからこそ、お気持ちを一身に感じ、真心を込めてご注文を承ります。
    かぶちゃん農園敷地内の「物流センター」では、ご注文いただいた商品を大切に梱包し商品を受け取り喜んでくださるお顔を思い浮かべながら、感謝の気持ちを込めて送りだします。
    この夏も、かぶちゃん農園はスタッフ一人ひとりが心から「農村から楽しさ」をお伝えしようと元気に取り組んでいます。これからもどうぞ応援をよろしくお願いします。

Search

業界を選ぶ
業種を選ぶ
地域を選ぶ
従業員数を選ぶ
代表者の年齢を選ぶ

今すぐ応募できなくても、タレント(候補者)登録が出来ます

タレント登録をすることによって、あなたはその企業のタレントプールと呼ばれる候補者コミュニティに参加できます。

気になることがあればチャットで質問をしたり、その企業に入社したい場合チャットで自分をアピールできます。

あなたがまだ学生だったり、今の仕事の都合ですぐに転職を考えていないとしても、企業の情報を仕入れたり、「いつか働きたい」と思っている企業との繋がりを継続することが出来ます。

「タレント=才能」あなたの才能を企業が待っています。

今すぐこの企業にタレント登録して将来のチャンスに備えましょう。

※タレント登録システムはTalentCloudによって提供されています。

Search